2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

「和牛受精卵」移植のノースブル 第三者割当増資で累計1.5億円を調達2022年8月3日

一覧へ

和牛受精卵の生産・販売・移植・技術開発を手がけるノースブル(宮城県仙台市)は、6月にレオス・キャピタルパートナーズが運用するRheosCP1号投資事業有限責任組合からの第三者割当増資を実施。融資額を含めた調達金額は累計1.5億円を突破した。調達した資金は、専門性が求められる牛受精卵の若手技術者の育成や全国への販路拡大に向けた設備投資等へ活用し、事業の拡大をめざす。

「和牛受精卵」移植のノースブル 第三者割当増資で累計1.5億円を調達

同社は、畜産・酪農業界の課題解決をめざし、和牛の受精卵の買い取りから生産、乳牛への移植・販売までを一貫して行う和牛受精卵移植技術のリーディングカンパニー。受精卵移植は、和牛から採取した受精卵を乳牛に移植し、乳牛から和牛を出産させる"代理母出産"の技術で、和牛農家・酪農家双方の収益増に貢献する技術として期待される。一方、専門性の高さや技術者不足が足枷となり普及が進んでいないことから、同社はこれまで若手技術者の育成に注力し、受精卵移植実施数を底上げしてきた。

今回の資金調達では、RheosCP1号投資事業有限責任組合から第三者割当増資により、株式の発行では初となる資金調達を実施。また、今年度中に日本政策金融公庫仙台支店中小事業部門による資本性ローンと七十七銀行吉成支店による融資を受け、累計調達額は1.5億円となった。

調達した資金は、受精卵技術をもっと身近に、誰でも利用できる体制を整えるため、(1)牛受精卵の専門家の育成と、(2)更なる販路拡大に向けた生産体制の確保のために活用する。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る