左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

家庭内消費 需要拡大の努力を Jミルク2023年6月26日

一覧へ

Jミルクの需給短信(6月22日発表)では、家庭内需要は依然として低調で継続的な需要拡大努力が必要だとしている。

6月12日週の牛乳類の販売個数は、牛乳が全体をけん引して6月5日週よりも増加した。

前年同期比では牛乳類トータルで97.6%だが、牛乳は98.5%、乳飲料は99.4%と前年並みとなっており、今後に期待がかかる。

一方、ヨーグルトはドリンクタイプ、個食タイプは微増、大容量タイプは微減。全体として依然、前年を下回っている。

インバウンド需要は5月はコロナ前の68%で4月よりも1ポイント回復した。今後、中国政府の日本への団体旅行解禁が実施されれば、訪日客は大きく回復すると予想されている。

気象庁の向こう1か月間予報では平年よりも暑くなる可能性が高いと見込まれているが、8月からの価格改定を控え消費の動向が注目される。

Jミルクは「梅雨明けと同時に夏本番となるため、飲用向けを中心に安定的な製品の供給を果たせるよう準備は欠かせない」とし、需要拡大と理解醸成を実施しつつ、「消費機会を失わないよう業界全体で一体的となった需給調整の体制が必要となる」としている。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る