左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

養豚DXのEco-Pork 経産省の「J-Startup Impact」に選定2023年10月11日

一覧へ

株式会社Eco-Porkは、経済産業省が運営するインパクトスタートアップ育成支援プログラム「 J‐Startup Impact 」に選定された。

インパクトスタートアップは、社会的・環境的課題の解決や新たなビジョンの実現と、持続的な経済成長をともに目指す企業で、岸田政権が掲げる「新しい資本主義」の考え方を体現する存在として注目されはじめている。

経済産業省ではこれまで、イノベーションの担い手であるスタートアップへの支援を目的に、官民一体となって集中的に支援を行う「J-Startup」プログラムを運営してきたが、今年度からインパクトスタートアップに対する認知向上や支援の気運醸成に向けて、潜在力の高いインパクトスタートアップを集中支援する「J-Startup Impact」を設立。応募のあった約500の企業から、ロールモデルとなることが期待される30社を選定した。

J-Startup Impact選定企業が公表した資料によると、Eco-Porkは「養豚業の構造そのものを変革しうるポテンシャルを有しており、 日本の畜産業界のDXを進めることで産業の近代化を大きく促進し、海外にも活躍の場が期待される」と評されている。

Eco-Porkは「食肉文化を次世代につなぐ」をVISIONに掲げる、2017年創業した「養豚を起点にしたデータカンパニー」。豚肉生産の全プロセスを可視化・効率化し、持続可能な養豚業の実現を目指し、生育環境や衛生状態などをICT・IoT・AIを活用して効率的かつ適切に管理できるサービス・製品を提供している。同社の養豚DXシステムは、現在、全国80か所、国内養豚農家のおよそ10%で活用されている。

また、養豚生産者の認知拡大・ブランド化・収益力および価格競争力の向上を目的として、4月から同社養豚DXシステムを使い生産された安全・安心な豚肉を一般消費者向けに販売するECサービスの運営も開始。養豚業の生産管理・経営効率化とともに、生産者の収益向上に寄与するチャネル構築の両輪による、養豚業の持続可能性の拡大に取り組んでいる。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る