人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

ホクレン 乳価据え置き 学校給食・病院向け乳価引き上げ2024年3月26日

一覧へ

ホクレンは3月25日、2024年度の用途別原料乳価についての合意事項を発表した。

同日開いた生乳受託販売委員会(道内生乳生産者の代表者による重要事項審議組織で委員数は34名)で協議し合意した。

決定内容は飲用向けのうち、学校給食や病院向けなど集団飲用向けを1kg10円引き上げ(引き上げ率8%)、それ以外の用途別原料価格は据え置く。適用は4月1日から。

昨年8月に飲用向け乳価が改定されたが、集団飲用向けは引き上げていなかったため、今回、引き上げで乳業メーカーと合意した。

ホクレンによると昨年8月の乳価改定と12月の乳製品向け乳価改定で年度の総合乳価を比較すると、今年度は昨年度に比べて1kg2円50銭引き上げとなるという。

一方で乳価改定の製品価格値上げの影響で飲用を中心に消費が進んでいないことも踏まえてその他は据え置きで合意した。

また、コロナ禍以降の需給緩和対策として生産者の拠出による生乳販売対策については、酪農経営の状況をふまえて、拠出金の圧縮について乳業メーカーと協議をしていくことに合意した。

決定内容は約140社ある全取引先のうち、道内で取引のある大手乳業、中堅乳業15社と合意したもの。その他の乳業メーカーとは今後交渉していく。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る