JAの活動 ニュース詳細

2013.07.02 
東北のキュウリで夏を涼しく JA全農一覧へ

 JA全農はキュウリの消費拡大をめざし、7月9日に銀座などで販促キャンペーンを行う。

 キュウリは夏の代表的な野菜のひとつ。からだを冷やす効果があることはよく知られているが、そのほか、キュウリに含まれるカリウムが体内の塩分を排出するなど、暑い夏にキュウリを食べることは理に適っている。
 JA全農は、キュウリの主産地である東北6県(福島、秋田、山形、宮城、岩手、青森)と協力し、消費拡大を目的にした販促キャンペーンを行う。
 同日午前6時20分から東京・大田市場でオープニングセレモニーを開催するほか、消費者向けイベントとしては、正午から東京・銀座(プランタン銀座前)で東北産キュウリの無償配布を行う。


(関連記事)

全国のキュウリ20品が集結 野菜ソムリエサミット(2013.05.08)

新選果施設導入 トレサに威力 JAちばみどり(2013.04.24)

県産キュウリ初出荷 JA全農いしかわ(2013.04.09)

トマト、ナス、キュウリなど需要回復 25年産夏秋野菜の需給ガイドライン策定(2012.12.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ