Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新選果施設導入 トレサに威力 JAちばみどり2013年4月24日

一覧へ

 千葉県のJAちばみどりは今年、キュウリ、トマトの選果場、営農センター旭「フレッシュグリーン」の選果施設を更新・新設した。JAの広域化に対応した集荷体制が可能になり、上位等級比率の向上と販売契約取引の充実につなげる。

最新の施設で選果される「フレッシュグリーン」のキュウリ(JAちばみどり営農センター旭) 同JAは、園芸品取扱高293億8000万円で国有数の園芸産地。主力はキュウリ、トマト、キャベツで、うちキュウリ、トマトが3割強を占める。これまでの選果施設が稼働から18年経って老朽化したため、昨年、国の「強い農業づくり交付金事業」を活用し、約12億円かけて最新の施設に入れ替えた。
 新施設は、キュウリ専用4レーン、トマトと兼用3レーンを備える。キュウリが1万1000t、トマト1600t、ミニトマト1300tのほか、イチゴ等箱出荷物3150tの処理が可能だ。
 併せて細かい商品管理が可能になった。「問題のあった品物は、選果レーンや時間から出荷者を特定できる。トレーサビリティを徹底し、産地の信頼を高めることができる」と、同センターの林茂正センター長はいう。
 また、同JAにはほかの営農センター管内でもキュウリ、イチゴの選果場があるが、将来はこれらを一本化する考えだ。フレッシュグリーンはその能力を持つ。

(写真)
最新の施設で選果される「フレッシュグリーン」のキュウリ(JAちばみどり営農センター旭)


(関連記事)

【JA 人と事業】第3回 鈴木一男・JAちばみどり代表理事組合長に聞く(2013.04.22)

平野佳子さん(JAちばみどり)など受賞 農山漁村男女共同参画優良活動表彰(2013.02.04)

【JA広報誌便り】アイデアキュウリをPR  JAちばみどり(2012.03.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る