Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

東京都内で理事会 JA東西しらかわ2013年12月18日

一覧へ

 福島県のJA東西しらかわは12月18日、平成25年度第11回の理事会を東京・有楽町の農林中央金庫本店のあるDNタワーで開いた。毎年1回、東京で全国組織に視察研修を兼ねた理事会を続けており、JAでは珍しい試みだ。

東京で開いたJA東西しらかわの理事会(東京・有楽町のDNタワーで) 理事会の前に、農林中金の大会議室を借りて研修。農林中金の後藤彰三常務が、JAバンク中期戦略で、JA貯金100兆円達成に向けたJAバンクの考えを説明し、達成のための協力を求めた。
 具体的な施策についてはJAバンク統括部の川崎信一郎・主任考査役が説明し、質疑応答した。
 理事会は、研修終了後同じ場所で開催。同JAは3年前から同じやり方で、この時期に研修と理事会を行ってきた。一昨年はJA全中、昨年はJA共済連を視察し、それぞれ事業内容の説明を聞いた。同JA鈴木昭雄組合長は「現地に勝る研修はない」と、来年以降も続ける考えだ。
 また理事会終了後は、普段JAの事業を通じて付き合いのある、特に流通・販売の関係者や国会議員などを招き、忘年会を兼ねた懇親会を開いた。同JAは、特に東京電力福島原発事故以後、首都圏を中心に独自の販売網づくりに力を入れてきた。普段、こうした人々に接する機会の少ない理事の意識を高めることにもつながっている。

(写真)
東京で開いたJA東西しらかわの理事会(東京・有楽町のDNタワーで)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る