左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

長野県産プルーン使った「キリン 氷結」 販売 JA全農長野2015年10月19日

一覧へ

 キリンビール(株)の「氷結(R)」シリーズとして、JA全農長野が原料を供給する長野県産プルーン味が10月6日から販売されている。

プルーン畑、「キリン 氷結(R)長野産プルーン」 今回キリンビール(株)から「プルーンを盛り上げていけないか」と話があり、氷結(R)シリーズのひとつとして販売されることが決まった。原料はすべて長野県産の生でも食べられるプルーンを使用している。
 市場や消費者に「生で食べられるプルーンがある」ということと、長野県がプルーンの生産では日本1位で、全体生産の7割を担っていることをPRすることがねらい。
 JA全農長野では、氷結の販売とあわせて、社員食堂や試食会で生のプルーンを宣伝してきた。
 試食会で実際に生のプルーンを食べた消費者からは「皮ごと食べられ手軽」「生のプルーンは初めて」といった声があがり、好評だった。また、今回発売される氷結に関して3000人が試飲した結果「さわやかで飲みやすい」「女性も好みそうな味」といった感想が多く、こちらも良い評価だった。
 キリンビール(株)は同商品発売に向け、実際に畑でプルーンの収穫体験を行ったり、JAグリーン長野の営農担当者や生産者とプルーンの品種や収穫の仕方について話をしたり、現場との触れ合いを行っていた。
 同商品は10月6日から350ml 、500mlの容量で全国で限定発売されている。アルコール分は4%、価格はオープン価格。

プルーン畑、「キリン 氷結(R)長野産プルーン」

(写真)プルーン畑、「キリン 氷結(R)長野産プルーン」

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る