JAの活動 ニュース詳細

2015.10.28 
家族のペットにも「安心・安全」 JA鳥取グループ 野菜使った犬のおやつ発売一覧へ

 JA鳥取西部とリードコーポレーション(株)(鳥取市)は、ブランド野菜「大山ブロッコリー」を使った犬のおやつを商品化し、11月から販売することを決めた。

犬のおやつ 商品部分以外のブロッコリーの茎をJA鳥取西部が廃棄しているという情報を聞いたリードコーポレーション(株)がアクションを起こし、商品化に繋がった。同社はもともと農業資材も扱う会社で、JAとも関わりがあった。そうした背景のもと、農家所得につなげたいJAの考えと、野菜のペットフードの開発を進めていた同社がタイミングよく手を組んだ。今では鳥取県全体としての推進事業へ発展している。
 国産の鳥のササミに、ブロッコリーの茎を巻いた商品は、海外由来の原料でカロリーの高いビーフ系が多いドッグフード業界の中、ペットも家族と捉える現代に向けて、ペットの肥満防止や健康維持に役立てていく方針。
 JA鳥取西部、JA鳥取中央、JA鳥取いなばの3JAで野菜の原材料をカバーしていく。
 ブロッコリーを使った犬のおやつだけでなく、鳥取県産のニンジンやカボチャを使ったおやつも同じく全国のホームセンターで発売される予定となっている。

<問い合わせ先>

リバードコーポレーション(株) 電話:0857-28-3870 ホームページ
(写真)同社のブランドにJAマークがついた商品

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ