左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

学生主体で 「東北キッチンat早稲田」 JA共済連早稲田大学寄附講座2015年11月4日

一覧へ

 JA共済連は11月4日、早稲田大学寄附講座「東北キッチンat早稲田」イベントについての記者説明会を都内で開いた。

 2012年度から行われているJA共済連の寄附講座は、早稲田大学の学生が「震災復興」や「農村社会」を通じ、「絆」や「助け合い」の重要性とJA共済連の事業理念について理解してもらうよう、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターと共に三陸沿岸地域の震災復興のアプローチや農村の社会経済について開講されている。
 講座を受講した学生らは、津波のあった沿岸地域の現状や生産者の声、JAの活動等について学び、現地の8JA(JAいわき、JAそうま、JA仙台、JAいしのまき、JA南三陸、JAおおふなと、JAいわて花巻、JA新いわて)で東北の生産者等と交流等も行う。
 今回、11月10日から12月10日に開かれる「東北キッチンat早稲田」では、学生が主体となって東北の農産物を使ったメニューが提供できるよう早稲田大学周辺の飲食店などの門を叩き協力を要請。協力店舗7店舗では、期間内、各店ごとに日程を設定してメニューを提供する。11月17、18日にはコアイベントがカフェ・ラグーンで開催される。
 詳細に関しては、「東北キッチンat早稲田」のFaceBookで確認できる。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る