JAの活動 ニュース詳細

2016.03.28 
准組のあり方等研究 JC総研が3か年計画決める一覧へ

 一般社団法人JC総研は3月24日、東京で臨時総会を開き、平成28年度からの中期3か年計画を決めた。農協法改正等を踏まえた調査・研究など5項目の重点実施事項を決めた。併せて理事会を開き、理事の補選を行った。

 3か年計画(平成28~30年)では、この3年間を「農協改革」を踏まえたJAグループの自己改革の具体的な実践時期としてとらえ、第27回JA全国大会の決議、TPPの影響など、農協のありかたや農林水産業の維持・拡大にとって重要な転換期と位置付ける。
 そのうえで、具体的には農協法改正にからみ、(1)特にJAの総合事業と准組合員制度確保のための実態調査と組合論・制度論の研究、(2)JA全国大会を踏まえた農業・地域づくり・農協のあり方等の研究、(3)協同組合の職員のあり方と人材育成などの検討、(4)新たな全中の議論を踏まえたJC総研の機能・組織・財政のあり方の検討、(5)計画実施のための収支基盤と業務遂行体制の強化を決めた。
 なお臨時総会では、久保信春氏(JA全国共済会専務理事)の理事就任を決定。3月31日付で退任の常務理事、近野俊幸氏の後任に、4月1日付で小川清治氏(JA全農)を決めた。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ