JAの活動 ニュース詳細

2016.04.01 
「ふるさと納税支援システム」を開発 JA全農・JAタウン一覧へ

 JA全農は、全国の自治体・JAグループに向け、クラウドサービスによる「ふるさと納税支援システム」を開発、サービスを開始する。

 このシステムは、JA全農が運営するネットショッピングモール「JAタウン」をベースに、ふるさと納税制度に係る寄附者管理、返礼品の発送管理、関係書類の作成などの諸業務を効率的に行うことが可能な仕組みとなっている。
 4月1日からその第1号として、JA新おたるがこのシステムを活用して、北海道仁木町のふるさと納税に係支援業務の受託を開始する。
 このシステム開発は、ふるさと納税制度が大きく伸びていることと、その返礼品の約7割が一次産品であることから、JAグループが主体的にこの納税制度の返礼品対応に参画することで、農畜産品・加工品などの取扱拡大を通じた地域活性化をはかることを目指している。
 この件についての問い合わせは、JA全農生活リテール部JAタウン室 03-6271-8157へ。

(関連記事)
より近く より深く より前へ JA全農3か年計画 (16.03.30)

宮崎で JA全農杯小学生サッカー大会九州地区代表決定戦 (16.03.25)

「だれにもできる土の物理性診断と改良」を出版 JA全農 (16.03.24)

JA全農とホクレン共同出店「北海道AND青森マルシェ」 (16.03.23)

「食を通じた地方活性化」目指し かごの屋と四国フェアでタイアップ JA全農 (2016.03.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ