JAの活動 ニュース詳細

2016.04.08 
JAフェリー65年に幕 愛され、信頼に支えられ JAえひめ南一覧へ

 全国で唯一、JAが運営するフェリーが、64年の幕を閉じた。愛媛県の宇和島と九島を結ぶ航路で、島で暮らす人々にとって、文字通り生活の足だった。4月3日の「九島大橋」開通に伴い、最後の就航を終えた。

就航を終えたフェリー「第八くしま」 このフェリーは1951年、旧九島農協が民間会社から事業譲渡を受け、98年からJAえひめ南から分社し、子会社の株式会社愛媛南汽船が運営していた。九島は宇和島港からフェリーで15分ほどのところにある。ミカンなどの果樹や漁業が盛んで、フェリーは島と宇和島を結ぶ唯一の定期航路だった。
 島の人口は、かつて200人以上いたが、今は1000人前後まで減少。このため利用者が減少して赤字が続き、行政からの補助金を受けながら運営していたが、九島大橋の開通でお役御免となった。4日就航を終えたフェリー「第八くしま」の「お別れ会」があり、別れを惜しんだ。
 子会社化を含め、経営が厳しいなかで今日までフェリー航路を維持してきたJAえひめ南の前組合長の林正照さん(75)は「赤字が続き、総代会でいろいろ言われたが、フェリーは島の生活にとって大事な航路。協同組合としてやめるわけにはいかない。橋が架かるまでなんとしても維持しなければならないと説得してきた。言葉に言い表せない思いがある」と、振り返る。

 ◇

黒田義人・JAえひめ南組合長の話
 別れの日、エンジンルームに案内してもらいました。規則的なエンジンの音を聞いていると、長い間、律儀に働いてくれた船のことを思い、涙が出ました。みんな同じ思いだったと思います。
 コンビニやスーパーがあれば農協は必要ないという人もいますが、利用者に愛され、信頼されたフェリーは、まさに農協を象徴する事業だったと思います。橋ができて便利にはなりますが、フェリーで培った信頼を大切にしたいと思っています。
(写真)就航を終えたフェリー「第八くしま」

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ