左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

天のつぶプレミアム大粒米PR JAふくしま未来2016年10月7日

一覧へ

 JAふくしま未来は10月6日と7日、東京・大手町のJAビル4F、農村農業ギャラリーミノーレでJAまるしぇを行った。野菜や加工品などの販売と福島県産の新米「天のつぶ」すくいどりが行われた。

加工品も盛況。すくいどりは福島県産の新米「天のつぶ」、プレミアム大粒米をPR加工品も盛況。すくいどりは福島県産の新米「天のつぶ」、プレミアム大粒米をPR加工品も盛況。すくいどりは福島県産の新米「天のつぶ」、プレミアム大粒米をPR

 同日はブロッコリーやブドウなどの野菜・果物や新米、加工品など12点と「天のつぶ」すくいどりが行われた。すくいどりは5合升に山盛りすくった。同JA担当者は「1kgぐらいは入っているのでは」と推測。1回200円という破格の値段に、挑戦者が次々と現れた。
 同JAのまるしぇは、5日に行われたJA共済ビルのまるしぇに続いて3日間連続の開催。
 目的について「一番は風評被害の払拭」と担当者は意気込む。「直接販売で話ができる良い機会」だともいう。さらに、同JA管内のそうま地区では昨年から、「天のつぶ」のプレミアム米を「復興支援 キリン絆プロジェクト」で取り組んでおり、「このPRもかねている」と話す。
 まるしぇでも販売された「そうま生まれのプレミアム大粒米 天のつぶ」は、通常米を選別するふるいより目が大きなもので選別しているため、大粒なことが特徴。あっさりめで、水分を含んでもべたつかず、冷めても硬くなりにくい特徴があり、コシヒカリとはまた違った美味しいさがあると、すし店などから問い合わせも多いという。
 担当者は「今回は、このプレミアム大粒米を知ってもらうため、米粉を使って作ったライスプリンや煎餅などの加工品も販売。ぜひ食べてみてほしい」と語った。
 新米を購入した渋谷区からきた40代の女性は「まるしぇは国産農産物が購入できるからよく来る。安心なものを食べたいから」と話した。
(写真)加工品も盛況。すくいどりは福島県産の新米「天のつぶ」、プレミアム大粒米をPR

JA共済連 初マルシェ盛況 近隣住民「親近感覚えた」 (16.10.06)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る