JAの活動 ニュース詳細

2016.10.26 
長野県オリジナルリンゴをホテル宿泊客にPR 「地元でも長野県産リンゴ手に取ってほしい」一覧へ

 JA全農長野は10月22日と23日、長野県の大型ホテル3か所のディナータイムに、長野県オリジナル品種「秋映(あきばえ)」「シナノスイート」「シナノゴールド」の3つの食べ比べを行った。2日間で3526人の宿泊客が堪能し、「やっぱり長野のリンゴはおいしい」と再確認した。

長野県オリジナルリンゴをホテル宿泊客にPR 「地元でも長野県産リンゴ手に取ってほしい」 長野県オリジナル3品種は「りんご三兄弟」としてPR。
 両日は長野県の池の平ホテル、ホテルタングラム斑尾、ホテルグリーンプラザの宿泊客、計3526人が、「りんご三兄弟」を楽しんだ。食べた人は「美味しい」といった感想が多く、「食べ比べすると味の違いがわかる」「長野県生まれのリンゴを食べれて嬉しい」「黄色いリンゴにはなじみがない」など、フェアを楽しんだ。中には、自分の地元でも売っているか確認する人もいたという。
 JA全農長野の担当者は「今回のイベントで、お客様が長野県の美しい自然とともに、長野県産の旬のおいしい果物を味わっていただいた。これから、地元に戻ってからも店頭で意識的に「長野県産」を手に取っていただければ嬉しい。このイベントを販売に繋げていきたい」と手ごたえとこれからの意気込みを語った。
 イベントの中核を担ったホテルの担当者は、「このような取り組みは、お客様にも地元の味を楽しんで貰え、ホテルとしても付加価値をつけられるため、大変すばらしいです」とコメントした。
 会場では試食の他、果物の保存方法・食べ方等を紹介したパンフレット等も配布した。

3品種を食べ比べる3品種を食べ比べる3品種を食べ比べる
(写真)3品種を食べ比べる

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ