JAの活動 ニュース詳細

2016.10.28 
被災地とJAが歩んだ5年-震災復興記録を刊行 農中総研一覧へ

 農林中金総合研究所は東日本大震災から5年間、農業復興の歩みを現地で調査してきたが、このほどその記録を『東日本大震災 農業復興はどこまで進んだか~被災地とJAが歩んだ5年間~』(家の光協会刊)として刊行した。

被災地とJAが歩んだ5年-震災復興記録を刊行 農中総研 震災発生から5年が経過した節目の時期にあたることから、本書は被災地の農業の復興について、農業者やJA等のこれまでの取り組みと現時点の状況を整理し、今後の課題を明らかにすることを目的に編集された。
 内容は農林中金総研による被災地の農業者や行政等関係機関への聞き取り調査をもとにしている。
 第1章は未曾有の農業被害をもたした東日本大震災の被害を改めてまとめ、農業復興の方向を示した国のマスタープランとそれに基づく復旧・復興の取り組み、残された課題などを整理している。
 第2章以下は、宮城県、岩手県、そして深刻な原発事故が発生した福島県の風評被害克服と営農再開の取り組みをまとめた。
 とりわけJAは協同組合の理念と組織の力をもって、地域の農業とコミュニティの再建にまさに中核的役割を果たしてきたことが分かる。
 ただし、被災地の農業復興は地域ごとに異なるさまざまな課題に直面し道半ばの状況で、これからもきめ細かな政策と支援が必要になっている。本書を今後の被災地の真の農業復興を考える参考としたい。
(写真)家の光協会刊 定価:本体1800円+税 

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ