Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

被災地とJAが歩んだ5年-震災復興記録を刊行 農中総研2016年10月28日

一覧へ

 農林中金総合研究所は東日本大震災から5年間、農業復興の歩みを現地で調査してきたが、このほどその記録を『東日本大震災 農業復興はどこまで進んだか~被災地とJAが歩んだ5年間~』(家の光協会刊)として刊行した。

被災地とJAが歩んだ5年-震災復興記録を刊行 農中総研 震災発生から5年が経過した節目の時期にあたることから、本書は被災地の農業の復興について、農業者やJA等のこれまでの取り組みと現時点の状況を整理し、今後の課題を明らかにすることを目的に編集された。
 内容は農林中金総研による被災地の農業者や行政等関係機関への聞き取り調査をもとにしている。
 第1章は未曾有の農業被害をもたした東日本大震災の被害を改めてまとめ、農業復興の方向を示した国のマスタープランとそれに基づく復旧・復興の取り組み、残された課題などを整理している。
 第2章以下は、宮城県、岩手県、そして深刻な原発事故が発生した福島県の風評被害克服と営農再開の取り組みをまとめた。
 とりわけJAは協同組合の理念と組織の力をもって、地域の農業とコミュニティの再建にまさに中核的役割を果たしてきたことが分かる。
 ただし、被災地の農業復興は地域ごとに異なるさまざまな課題に直面し道半ばの状況で、これからもきめ細かな政策と支援が必要になっている。本書を今後の被災地の真の農業復興を考える参考としたい。
(写真)家の光協会刊 定価:本体1800円+税 

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る