JAの活動 ニュース詳細

2016.12.08 
カット野菜使って簡単調理 大学生向け調理実習 JA全農・明治学院大学一覧へ

 大学生協東京事業連合はJA全農協力のもと、12月7日に明治学院大学横浜キャンパスで大学生対象のカット野菜を使った料理実習を行った。

緊張した面持ちで包丁を扱う相談しながら調理できた料理は写真撮影

 参加した学生の約4割が下宿生で、参加のきっかけを「下宿中、たまに自炊もする。料理のレパートリーを増やしたい」と語った。
 大学生協東京事業連合の管理栄養士高橋氏が調理方法について説明を行い、チーム4班にわかれ料理した。楽しく料理し、参加した男子学生は「3年ぶりに包丁を持った。これを機に自宅でも調理したい」と継続意欲をみせた。
 参加者のうち半数が「カット野菜をこれまでに使ったことがある」と答え、「このようなレシピであれば簡単で、家でも実践できそう」と嬉しそうだった。
 大学生向け料理教室取り組みのきっかけは、平成26年度に大学生協東京事業連合の協力を得ておこなった「野菜・果物に関するアンケート」で、国産野菜においしく安全・安心なイメージをもっており、カット野菜も便利だと感じていることがわかった。このことから27年度以降、料理教室を通じて大学生にカット野菜を使った食べ方提案を行い、野菜の消費拡大を図っている。
 今年度は昨年に引き続き「忙しい大学生のためのカット野菜を使った簡単レシピ」冊子を配布した。今回の料理教室ではこのレシピの中から「ジャーサラダ」「けんちんうどん」を調理した。
参加した明治学院大学18人と(写真)緊張した面持ちで包丁を扱う、相談しながら調理、できた料理は写真撮影、参加した明治学院大学18人と

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ