JAの活動 ニュース詳細

2017.03.02 
6次化大賞に「ゆめぴりか甘酒」一覧へ

JAあさひかわ 地域内でコラボ

 JAグループ6次産業化促進等対策協議会は3月1日、第3回JAグループ6次産業化商品コンテスト受賞作品を発表した。大賞にはJAあさひかわの「ゆめぴりか甘酒」が選ばれた。

6次化大賞に「ゆめぴりか甘酒」 コンテストのテーマは「農家から食卓へ、ふるさとを食べよう」。消費者のニーズに合致した商品開発によって地域の農畜産物の付加価値向上やJAグループ主導のバリューチェーンの強化が目的で昨年10月から12月まで募集した。
 募集は▽地域自慢のカレー部門、▽ご飯のおとも部門、▽子どもに食べさせたいおやつ部門、▽農産物を飲みつくす部門、▽隠し味はこれだ部門の5つに加え、発売前の商品を対象とする▽磨けば光る! 6次化の原石部門の計6部門で商品を募集した。応募総数は55商品。8人の審査委員による審査で大賞、優秀賞、準優秀賞が決定した。
 大賞は農産物を飲みつくす部門に応募したJAあさひかわの「ゆめぴりか甘酒」。JA管内で生産された「ゆめぴりか」と米麹を使用し、砂糖・酒粕を使わず甘さを抑え白米を発酵させることでお米のさっぱりとした味わいに仕上げた。

◆加工グループ・法人と連携

 JAあさひかわによると主産品である「米」を使った6次商品化を検討するなかで甘酒に決定。
 組合員の生産した「ゆめぴりか」を原料とし、JA女性部が中心となって味噌づくりなどに取り組んでいる加工グループが米麹づくりを担当。製造した甘酒は、自社農場の野菜を使ってジュースを製造している管内の農業法人へ缶への充填を依頼し製品にした。JAが主導して女性部や法人などと連携し実現、「オール旭川でつくりました」(JAあさひかわ)。今後も6次化商品を増やしていきたいという。
 直売所や市内のホテル、駅などで販売しているほか、ネット通販「えぞっこマーケット」でも販売している。
 表彰式は3月7日(火)10時30分から。東京国際フォーラムで開催される第11回JAグループ国産農畜産物商談会の特設ステージで行われる。
 その他の入賞作品は以下のとおり。
【優秀賞】
▽地元自慢のカレー部門=JA小松市「29種の焙煎スパイスでじっくり煮込んだ国産ビーフの熟成トマトカレー」
▽ご飯のおとも部門=JAみい「赤くてかわいいラディッシュの酢漬け」
▽とっておきスイーツ・お菓子部門=JAあいら「霧島さん家のグラノーラ」
▽隠し味はこれだ部門=JA山口大島「橙ぽん酢」
▽磨けば光る! 6次化の原石部門=JA木野「白いとうもろこし飯の素(チーズ味・ラクレットチーズ味・バター醤油味)

【準優秀賞】
▽地元自慢のカレー部門=JAめむろ「幻のじゃがいもマチルダがゴロっと入った十勝めむろカレー(ビーフスパイシー・マイルド)」、深川養鶏農協「長州地どりキーマカレー」
▽ご飯のおとも部門=JA筑前あさくら「博多万能ねぎとはかた地どりの中華スープ」、深川養鶏農協「長州黒かしわ味噌潰け」
▽とっておきスイーツ・お菓子部門=山形食品(株)「山形ジェラート 秘伝豆」、大山乳業農協「大山牧場 紅茶」(アイスクリーム)
▽農産物を飲みつくす部門=JAびらとり「『ニシパの恋人』トマトジュース(無塩)」、櫛引農村工業農協連合会「フルーツあま酒 (さくらんぼ・ラ フランス・山ぶどう)」
▽隠し味はこれだ部門=JA鳥取中央「赤いビーナス」、JA庄内みどり「庄内の豚丼のたれ」
▽磨けば光る! 6次化の原石部門=JA敦賀美方「ひとくち完熟梅」、JA東びわこ「彦根梨カレー(spicy)・(mild)」
(写真)JAあさひかわの「ゆめぴりか甘酒」

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ