Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新宿に 農業情報発信拠点オープン JA東京アグリパーク2017年4月18日

一覧へ

 JA東京中央会は18日にオープンする「JA東京アグリパーク」の開会式を、17日に開催した。新宿駅から5分ほどの距離に開設された。野菜の販売などを通じ、都市農業の情報発信の拠点となる。オープン初日の18日には、開店時間に80人ほどの列ができた。

開設を記念したくす玉。左から4番目にJA東京中央会須藤会長、その左にJA全中奥野会長、右には小池知事が並ぶ 同パークは東京を含め全国のJAと連携し、週替わりでのイベントや農業体験、料理教室、地元食材の料理販売などを行なう。また、情報発信の窓口としてサポートデスクを設置。生産者と飲食店などを結ぶマッチングサポートも行う。
 開会式でJA東京中央会須藤正敏会長は、「JA東京アグリパークは東京のJAグループと東京都が一体となって、東京農業をしっかりと振興しようという目的」で開設したと話し、「東京農業の振興の拠点としてはもちろん、全国の農業者の生産物をここでしっかりと販売していく。『日本の農業はこんなに元気だ』ということを示したい」と意欲を見せた。
 東京都の小池百合子知事は「都内初の東京農林水産業の情報発信拠点」とし、「東京の真ん中新宿から、消費者、都民、国民、そして世界に向けて農水産物を情報発信していただきたい」と期待を述べた。

◆   ◇

 18日のオープン初日は花苗の無料配布や野菜の販売を行った。開店時間の11時には、地元の主婦などおよそ80人が並んだ。来場者からは「今後何をするのか」「野菜をもっと販売してほしい」などの声があった。
 定休日は毎週月曜日で営業時間は11時から19時まで。
(写真)くす玉を割って開設を祝う(左から4番目にJA東京中央会須藤会長、その左にJA全中奥野会長、右には小池知事が並ぶ)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る