Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大手町にアンテナショップ JA全農 農業・農村の魅力発信2017年4月26日

一覧へ

 JA全農は5月8日、東京都大手町の大手町カンファレンスセンター地下1階に新たなアンテナショップ「いちごいちえ」をオープンする。コンセプトは「大手町にいながらにして、四季折々の農業・農村とであう場所」で、全国の国産農畜産物の価値や魅力をPRする。

 都心と農村の交流の場づくりを目的とするもので、通常の物販売り場ではなく、ミュージアムやマルシェの要素も取り入れ、四季にあわせた驚きや感動を得られる場を提供する。全国の産地とタイアップし、旬の農産物を販売する産地フェアの開催や、全国の果物を利用したフレッシュジュースやカットフルーツを販売。また、全農のネットショップ・JAタウンと連動した全国のJAグループの農産加工品から選抜した逸品「JAオールスターズ」、旬の高級フルーツギフトの販売なども行なう。
 このほか、伝統食や発酵食品などの嗅ぎ比べ体験や、VR(バーチャルリアリティ)機器による生産者目線の疑似体験、産地・生産者のこだわりや思いを紹介するなど、五感を通した新しい切り口から農業・農村の魅力を発信する。
 オープン第1週(5月8~12日)は、長崎産地フェアでイチゴ「ゆめのか」、びわ、新ジャガイモなどを販売する。 

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る