Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

秋の味覚で東北復興を応援 全中・経団連等がマルシェ2017年11月2日

一覧へ

 JAグループは、経団連が11月1日から1か月行なう「東北復興応援フェスタ」に参加し、東北6県JAの農産物や加工品をPRする「大手町マルシェ×JAまるしぇ」を開く。1日、東京都千代田区の大手町でキックオフセレモニーを開き、東北の農産物・加工品の購入を呼びかけた。

 東北復興応援フェスタは、大手町周辺にゆかりのあるJA全中・農林中金・三菱地所・エコツェリア協会の4者による組織で、平成29年6月から「大手町・丸の内・有楽町エリアでの食と農のコミュニティづくり」を進めており、マルシェはその一環で、今回で3回目。

「秋の味覚」をPRする主催団体の代表(写真)「秋の味覚」をPRする主催団体の代表

 

 キックオフセレモニーでは、経団連の石塚邦雄副会長が「東北の復興には政府も力を入れ、被災地も懸命に頑張っているが、全国のみなさんの支援がないと、風評の払拭はなかなか大変。東北の農産物を食べて支援してほしい」と訴えた。またJA全中の比嘉政浩専務は「組織は違っても食と農は一致できるテーマ。経団連と力を合わせて東北の復興に取り組みたい」と決意を述べた。

ビルの谷間に売り子の声が響く(東京都千代田区の大手町仲通りで)(写真)ビルの谷間に売り子の声が響く(東京都千代田区の大手町仲通りで)

 

 大手町の仲通りで、「大手町マルシェ×JAまるしぇ~みんなで耕す大手町畑~『いただきます。秋の東北』と銘打ったマルシェには、東北6県を中心に11のJA等が秋の味覚をPR販売。東北6県の米が一堂にそろい、リンゴも各JA自慢の品種が並んだ。また復興に取り組む若手生産者や野菜染むリア、JA職員と交流できる「青空教室」も開く。

 出品したJAは次の通り。

JA十和田おいらせ(青森県)、JA岩手ふるさと(岩手県)、JAあさひな(宮城県)、JA仙台(同)、JA宮城中央会(同)、JA大潟村(秋田県)、JA櫛引農工連(山形県)、JAさくらんぼひがしね(同)、JAふくしま未来(福島県)、JA全農福島(同)、JA全農いちごいちえ。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る