JAの活動 ニュース詳細

2018.03.16 
奥専務の理事長昇格を決定 農林中央金庫一覧へ

 農林中央金庫は3月16日の経営管理委員会で河野良雄理事長の後任に奥和登代表理事専務の昇格を決めた。

 同日の経営管理委員会で6月22日の総代会を経て就任することを決めた。奥専務は総代会を経て新理事長に就任する。
 河野理事長と奥専務は同日夕、記者会見で新役員体制等について発表した。

河野理事長(左)と次期理事長に就任することが決まった奥和登代表理事専務(写真)河野理事長(左)と理事長へ昇格が決まった奥和登代表理事専務

 

 河野理事長は12代の理事長として2009年に就任。「一言でいえば激動の9年間だった」と振り返り、2008年のリーマンショックで6000億円を超える赤字決算となり、JAなど会員からの1兆9000億円の増資で経営基盤を回復させたことや、その後、2011年大震災の発生後は被災地のJA、JFの復興支援などに対応したことを振り返った。その後、2014年にはJA改革が叫ばれ准組合員問題が浮上、「理事長として奔走した」ことなどをあげ、いちばんの思い出としては「JA貯金が100兆円を突破したこと」と話した。
 新理事長に就任する奥専務は「農林水産業と金融をめぐる情勢は厳しいなか、身の引き締まる思い」だと話し、農業・農協改革の来年5月までの取り組みを最大限バックアップしていくと話した。
 また、JA、信連、農林中金が一体となって農業融資などに力を入れて地域の活性化を図ると同時に、大胆な事務効率化などで効率的な体制とすること、資金運用については地域と投資対象を広げていくことや、事業運営全体として会員に寄り添う姿勢も強調した。
 奥氏は「5年後、創立100周年を迎える。精一杯、力を尽くす」と話した。

 

(関連記事)
奥和登専務を次期理事長候補に-農林中央金庫(18.03.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ