Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA全農 台湾に輸出拠点2018年8月3日

一覧へ

 JA全農子会社のJA全農インターナショナルは4月27日に台湾子会社を開設し5月から営業を開始した。現在、全農台湾事務所を併設する申請もしている。

 全農グループはこれまで米国、英国、シンガポールに輸出拠点を設置し米国、ヨーロッパ、アジアへの輸出拡大に取り組んできた。今年4月に香港現地法人(全農香港事務所を併設)を設立し、5月には全農グリーンリソース・タイ(株)に担当者を配置した。
 台湾は日本の農畜産物の輸出先では香港、米国に次ぐ第3位。2017年の輸出総額では13.2%を占めている。台湾向けの牛肉輸出も昨年16年ぶりに解禁され、今年1~5月の台湾向け牛肉輸出額は全体の2割を占めた。
 新設した台湾子会社は台湾全農インターナショナル(株)。農畜産物とその加工品、食品、酒類を含む飲料などの輸入と台湾内での営業、加工、販売と第3国への輸出も行う。JAグループは今後も日本産の農畜産物・加工品の輸出と現地での実需までつながるサプライチェーンづくりに力を入れていく。

 

(関連記事)
日本産米使用の冷凍寿司 EUで本格販売-JA全農(18.05.31)
JA全農 香港に輸出拠点を開設(18.04.26)
海外ネットワークで飼料原料を安定調達 JA全農(18.04.02)
英国醸造所へ国産酒米を納入 JA全農(18.03.22)
米国に和牛の加工施設-JA全農(18.02.26)
輸出促進でJAグループが新法人設立へ(16.05.13)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る