Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

英国醸造所へ国産酒米を納入 JA全農2018年3月22日

一覧へ

 JA全農の子会社、JA全農インターナショナルは、イギリスの清酒醸造所へ日本産酒米の納入を開始した。

イギリス堂島醸造所の全景 納入先は大阪市の堂島麦酒醸造所がロンドン北東のケンブリッジシャー州に建設した清酒醸造所(敷地面積30ha)。同醸造所は4月から試験製造を開始する予定で、初回納入分の4tは、全農パールライス灘工場で精米した秋田県産秋田酒こまちと兵庫県産山田錦から調達。今月12日に英国へ到着した。
 4tの米からは一般的な清酒換算で9520リットル(一升瓶で約5300本)が製造される計算。今回のように海外の醸造所に日本産原料米を供給することは、日本酒そのものの輸出拡大に加え、日本酒を通じた日本産米の需要拡大に有効な手段として期待される。
 JA全農では「こうした原料用途向けも含めたあらゆる需要創出のための提案を通じて、今後も国産農畜産物の輸出拡大に取り組む」と話す。

(写真)イギリス堂島醸造所の全景

 

(関連記事)
米国に和牛の加工施設-JA全農(18.02.26)
【JA全農輸出対策部上野一彦部長に聞く】米の輸出は業務用がターゲット マーケットインで産地づくりを(18.01.31)
JA全農 香港に現地法人設立へ 輸出を拡大(18.01.30)
中国のeコマースで日本産米を販売-全農グループ(18.01.15)
米の買取販売30万t超-JA全農(17.08.04)
耕種農業の司令塔・耕種総合対策部 JA全農が機構改革(17.02.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る