JAの活動 ニュース詳細

2019.06.05 
鮮度保つ低温管理が可能に一覧へ

大分青果センター開所 JA全農おおいた

 JA全農おおいたは、大分県内青果物の集出荷・冷蔵拠点施設を設置し、6月3日に開所式を行い本格的に稼働した。

20190605 ヘッドライン テープカット開所式のテープカット

 

◆物流効率化にも対応

 同センターは、大分市内の別府湾岸にある大分臨海工業地帯の大在(おおざい)公共ふ頭の近隣に立地している。
 大分県内で生産された青果物は、各産地から小ロットで九州域内を中心に中国・京阪神および関東方面の卸売市場に出荷されている。このため、効率的な物流体制の構築が課題となっていた。また、近年、運送業界が抱えている深刻なドライバー不足やドライバーの労働時間管理の厳格化などによる運賃の値上げ要請もなされており、農業者の所得増大を目標とするJAグループとしては物流効率化の実現と輸送コスト上昇の抑制が重要な課題となっている。
 大分青果センターは、青果物の鮮度を保つための低温管理が可能な集出荷・冷蔵拠点施設である。青果物の県域集荷と卸売市場などへの輸送に使われる。県内産地から集荷した、夏秋ピーマンや周年品であるニラ、小ネギ、オオバ、ミツバといった青果物を最大で400パレット収容し、12時間以上の低温状態を保つことで鮮度を維持し各卸売市場などへ出荷が可能なストックポイントである。

 

◆長距離輸送に適した保冷時間を研究

 JA全農おおいたは、これまで5〜6年ほど大分県産業科学技術センターと共同で輸送試験を行ってきた。その結果、トラックで長距離輸送をするためには、青果物を低温で輸送する必要があるが、短時間の冷蔵では野菜の中心部までは冷えない。トラックの中では温度は保てても冷やすことまではできないことが分かった。
 こうしたことに対応した同センターは最適な冷蔵時間で保冷を行うことができ、ストックポイントとしての付加価値をいっそう高めているといえる。
 同センターの稼働により、コールドチェーン化や出荷情報の事前提供が可能となり、大分県産青果物の有利販売につながると期待される。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ