左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

和牛焼肉とおむすびでバックアップ JA全農2019年6月6日

一覧へ

卓球香港OP日本代表を「ニッポンの食」で応援

 JA全農は、6月4日から香港で開催されている「ITTF2019卓球香港オープン」に協賛し、出場する日本代表選手の活躍を「ニッポンの食」でサポートしている。

20190606 香港の焼肉レストラン「和牛焼肉 純」で食事をする卓球日本代表選手香港の焼肉レストラン「和牛焼肉 純」で食事をする卓球日本代表選手

 

 大会前日の6月3日には、JA全農直営の焼肉レストラン「和牛焼肉 純」で、全農所属の石川佳純選手をはじめ日本代表選手ら21人を招待し、和牛や日本産米など「ニッポンの食」で応援。食事を楽しんだ石川選手は「海外で久しぶりに日本のお肉で焼肉が食べられてすごく幸せです。エネルギーを充電して明日からがんばります」とのコメントが。
 全農では、大会期間中6日間、香港でおむすび販売を手がける「百農社國際有限公司」のサポートを受け、秋鮭や梅干しなどのおむすび、みそ汁、国産大豆の焼き菓子「SOYLETES(ソイリーツ)」など日本で慣れ親しんだ食品を日本代表選手に提供している。
 なお、提供するおむすびは全農インターナショナルが輸出した日本産米を使用するなど、全農の海外ネットワークを活用し、グループ一丸となって、大会中の食事をサポートしている。
 試合の様子などの情報は、JA全農の広報・調査部が運営するツイッターアカウント「全農広報部 スポーツ応援(@zennoh_sports」で発信されている。

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る