Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「恕」、思いやりの心で地域をリード 童門冬二氏が農協人文化賞で講演2019年7月10日

一覧へ

 第41回農協人文化賞表彰式のあと農協人文化賞特別賞を受賞した童門冬二氏によるミニ講演が行われた。講演の要旨は以下の通り。

20190710 童門冬二氏

 

 今年でちょうど151年目になる明治の頃の新しい国づくりに勤しむ人々に「和魂洋芸」という言葉があった。日本の精神を忘れずに外国の知識と技術を受け入れようということ。ところがいつの間にか日本人の心を忘れてしまった。その理由は、日本人としての思想、根拠となる「場」を忘れたからだと思っている。場とは、母なる大地といったわが国のふるさとであり、「土」といった存在。
 原点に立ち戻ると、JAというのは、その主人はやはり准組合員も含む組合員だ。JA役職員は上下一体となって組合員のため奉仕者となるという精神が必要だ。だが奉仕者だからといって無定限に組合員に従う、いわゆる奴隷になることではない。
 色紙に書いたが、孔子の「恕」(じょ:相手の立場に立つ優しさと思いやり)という気持ちが大事だと思う。また、「らしさ」を意味する「風度」が必要だ。農協の役職員が、正・准組合員の一人ひとりに対し、相手の気持ちを尊重して地域に溶け込み、地域を牽引する指導的な役割を併せ持つべきだ。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る