JAの活動 ニュース詳細

2019.07.31 
埼玉と福島の若手農業者らが福島産モモ即売一覧へ

 JA埼玉県青年部協議会は、JA福島県青年連盟と協力して、8月3日(土)に、埼玉県さいたま市の農産物直売所「JAさいたま木崎ぐるめ米ランド」で福島県産のモモ「あかつき」の即売会を行う。

 東日本大震災から8年が経過し、生産現場も復興に向かっているが、福島県産農畜産物に対する風評被害は依然として収まっていない。こうした風評被害を払拭し、福島県産農畜産物の美味しさや知名度を向上させるために即売会を実施する。
 今年で6回目を迎えるこの即売会は、JA埼玉県青年部協議会とJA福島県青年連盟が、福島の復興支援するために協力して何ができるかを相談して、2014(平成26)年から始まった。「生産する場所や品目は違っても、農業者同士が互いに助け合うというイベントは、相互扶助を組織理念とする協同組合、JAグループだからこそ実現した」と主催者はいう。

◆福島産モモ即売会の概要
▽日時 8月3日(土)10時〜15時
▽場所 JAさいたま木崎ぐるめ米ランド(安心館シャキシャキ)
(住所)埼玉県さいたま市浦和区領家4−24−16
(最寄り駅)JR京浜東北線「北浦和駅」徒歩約20分
(地図)https://life.ja-group.jp/farm/market/detail?id=541
▽販売品 福島県産モモ「あかつき」※100ケース(1ケースあたり5キロ)
 なお、販売には、JA埼玉県青年部協議会所属の若手農業者5名程度、JA福島県青年連盟所属の若手農業者5名程度のほか、JA福島県女性部の部員や埼玉・福島両県のJA職員などが参加する。
 ※「あかつき」は、福島県を代表する桃で、最も有名な品種のひとつ。全国の「あかつき」栽培面積は約1609haでそのうち福島県での栽培面積は約836ha(農林水産省統計)。糖度は12〜14度と高く、肉厚で果汁が多いのが特徴。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ