左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全国のJA役職員の支援隊を千葉県の被災地へ派遣 10月23日からJA安房の鋸南町へ2019年10月21日

一覧へ

 9月に発生した台風15号では、千葉県を中心に甚大な農業被害が発生した。
 これまでJAグループ千葉が県内JA・連合会の役職員で構成する「JAグループ支援隊」を派遣するなど、被災地支援に取り組んできたが、被災地域は広範で、長期的支援を実現するためには派遣隊の増員が不可欠だった。
 このため、JA全中とJA千葉中央会は、派遣元を全国のJA・連合会に拡大したJAグループ支援隊を10月23日からJA安房管内の鋸南町の被災農家の圃場に派遣する。その後も順次、10月29日から11月29日まで千葉県北部・南部に50人を派遣予定。

 被災地支援についてJAグループはこれまで、東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨など大規模な災害が発生した際には、JAグループ役職員で構成する「JAグループ支援隊」を派遣するなど、被災地支援に取り組んできた。

 台風15号の災害では、これまでJAグループ千葉が県内JA・連合会の役職員で構成する支援隊を9月19日から延べ812人(20日間)派遣したほか、各全国団体も10月8日から延べ195人(各日30人×6.5日間)派遣し、復旧作業を行ってきた。
 今回の支援隊は、群馬・東京・愛知・奈良の4都県のJA職員など計16人で構成され、支援隊は10月22日(火・祝)から24日(金)までの4日間、JA安房管内の被災農家の圃場に派遣する。
 10月29日(火)からは人員を1日当たり50人に増員し、11月下旬頃まで千葉県北部(JA千葉みらい、JA成田市、JA富里市など)と南部(JA安房など)にそれぞれ20人と30人を派遣する予定。

 なお、今後のJAグループ支援隊派遣スケジュールは次のとおり。
【第3陣】10月22日(作業開始は23日)?25日
▽派遣予定先 JA安房
▽派遣予定人数 16人

【第4陣】10月29日?11月1日
▽派遣予定先
 ○県北部 JA千葉みらい、JA成田市、JA富里市など
 ○県南部 JA安房など
▽派遣予定人数 50人(県北部に20人、県南部に30人)

【第5陣】11月5日?11月8日 ※派遣予定先・派遣予定人数は【第4陣】と同じ(以下同)。
【第6陣】11月12日?11月15日 
【第7陣】11月19日?11月22日
【第8陣】11月26日?11月29日

※第1陣と第2陣は、JA全国機関役職員で編成し派遣。 

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る