2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

全国22の産地がアピール 「ねぎサミットinまつど」2019年11月25日

一覧へ

 全国のネギ産地が一堂に会する「全国ねぎサミット2019inまつど」が11月23、24日、千葉県の松戸市で開かれた。全国22のネギ産地が集合し、それぞれネギの魅力をアピールした。

ネギの産地が出そろったサミット。雨にもかかわらず多くの人で賑わったネギの産地が出そろったサミット。雨にもかかわらず多くの人で賑わった

 ネギの魅力を伝えるため、深谷ねぎで知られる埼玉県深谷市から始まった「全国ねぎサミット」は今年で10回目を迎える。それぞれ産地ごとにテントを張って自慢のネギをアピール。会場ではネギ産地のPR合戦、産地ネギなどが当たる抽選会などもあり、あいにくの雨にもかかわらず、多くの家族連れが訪れ、お目当てのネギを買い求めるとともに、ネギをたっぷり使ったうどんやほうとう、串焼きなどを味わった。
 会場では、JAとうかつ中央と千葉県市川市にある和洋女子大学、それにJA管内の小金園芸品出荷協会の産学連携プロジェクトによる、松戸市特産のあじさいねぎを使ったコラボメニューも紹介した。集合した全国のネギは次の通り。

JAとコラボの和洋女子大のコーナー

JAとコラボの和洋女子大のコーナー

 南部太ねぎ(青森県南部町)、仙台井土ねぎ(仙台市)、白神ネギ(秋田県能代市)、雪中軟白ねぎ(山形県鶴岡市)、平田赤ねぎ(同酒田市)、最上ねぎ(同新庄市)、板東ねぎ(茨城県坂東市)、レッドポアロー(茨城県城里市)、さかいのねぎ(同境町)、下仁田ねぎ(群馬県下仁田町)、深谷ねぎ(埼玉県深谷市)、越谷ねぎ(同越谷市)、吉川ねぎ(同吉川市)、柏産ねぎ(千葉県柏市)、九十九里海っ子ねぎ(同山武市)、あじさいねぎ(同松戸市)、矢切ねぎ(同)、松戸ねぎ(同)、やわ肌ねぎ(新潟市)、徳田ねぎ(岐阜県岐南町)、越津ねぎ(愛知県江南市)、九条ねぎ(京都市)、難波ねぎ(大阪府松原市)、岩津ねぎ(兵庫県朝来市)。

 

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る