JAの活動 ニュース詳細

2019.12.05 
新たなつながり求めて 生協と連携でトラック市 JAさがみ 一覧へ

 神奈川県のJAさがみは12月15日、生協と共同企画で「とれたてトラック市」を開く。共同企画は昨年から始めたもので今回が第3弾。それぞれの組織の持つ強みを生かした取り組みで、協同組合間のつながりを強めている。

賑わった昨年年末の「とれたてトラック市」1

 共同企画の話は「かながわCo-ネット」(神奈川県協同組合連絡協議会)の活動の中から出てきた。同ネットは神奈川県内の84の協同組合組織からなり、実践を通じて協同の理念を広め、持続可能な地域社会づくりを目指している。
 この考えに沿って、第一弾は昨年の夏、県内では始めて生協(生協ユーコープ)・漁協(漁連)、それにJAが連携して「湘南辻堂とれたて市」をユーコープ辻堂駅前店で開催。地元でとれた農産物や海産物などを生産者・女性組織さわやか倶楽部や漁連、JA職員で販売し、地産地消のPRを行った。
 さらに12月には第2弾として「ちがさき茅産茅消とれたてトラック市」を生協とともに、ユーコープ萩園店で開いた。生産者が軽トラックに地元の農産物や鉢花などを載せて販売。「さわやか倶楽部」が温かい「とん汁」を振る舞った。
 今回のトラック市も同様の企画で、場所は生協ユーコープのミアクチーナ南林間店。
 JAと漁協が品物を集め、生協が売り場を用意して生協組合員に地元産の産物を提供するという、それぞれの強みを生かした取り組みで、JAさがみ総合企画室の井出徹室長は「協同組合間の繋がりを強化するとともに、新たな地域づくりをみつけるチャンスにもなる。若い新規就農者などにも呼びかけ、支援していきたい」と、期待している。

賑わった昨年年末の「とれたてトラック市」

賑わった昨年年末の「とれたてトラック市」写真はいずれも、賑わった昨年年末の「とれたてトラック市」

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ