JAの活動 ニュース詳細

2019.12.13 
中四国9県の野菜・果物を完売 JA共済連のマルシェ一覧へ

 JA共済連がJAグループそして地域の一員として「食と農に根ざした地域に開かれた存在」として認識されることを目的に、東京・千代田区平河町のJA共済ビルで定期的に開催している「JAマルシェ」が11月12日に実施された。

nous19121302_1nous19121302_2

すっかり地域に定着したJA共済連のマルシェ


 9回目を迎えた今回は、愛媛県産ミカン「紅まどんな」や広島県産のハート型レモン、鳥取県産砂丘らっきょう、高知県産ナスなど、中四国9県から集めた野菜や果物約21品目(1200個あまり)と、農福連携の一環として別府リハビリテーションセンターで障がい者が栽培・収穫したミニトマト75箱を販売した。

 また、JA共済が中四国で行っている地域貢献活動のパネル展示や普段の食生活における野菜摂取の充足度を簡単に測定できる「ベジチェック」体験コーナーも設置され好評を得ていた。
 毎回このマルシェを楽しみにしているという地域の人は「人気商品はすぐに売り切れるので今回は早めに来た」「前回はイチゴの時に来たが、野菜も果物もおいしかったので、今回も楽しみにしていた」「近くて安くて新鮮なので気に入っている」など話してくれた。このようにこのマルシェが着実に地域に定着している様子が見えた。もちろん、今回も完売でした。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ