JAの活動 ニュース詳細

2020.01.10 
令和2年の漢字は「実」-中家JA全中会長一覧へ

 JA全中の中家徹会長は今年の漢字に「実」を掲げた。今年初めてとなる9日の記者会見で発表した。

中家会長
記者会見する中家会長

 会長は「実」に3つの思いを込めたと説明。1つは毎年のように災害が続くなか、「農産物が豊かに実る豊穣の年」への願いを込めた。

 2つ目に強調したのが「実践」、「実現」などの意味。新たな食料・農業・農村基本計画が3月にも策定される見込みで議論が大詰めを迎えるが、中家会長は「計画を作ることが目的ではなくどう実践し成果を実現するかが大事だ」と話す。また、JAグループの自己改革も経営基盤強化も含めた実践が求められており、来年3月末が改正農協法施行5年の節目となることも強調し「今年も粉骨砕身、努力したい」と話した。

 3つ目が「実力」。東京五輪開催の年であり、中家会長は選手らが実力を発揮し実り多き成果を上げることや、世界中から集まる人々に日本の豊かな食と文化を体験してほしいなどと期待した。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ