左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

SDGsテーマに 全農が新ラジオCM2020年3月30日

一覧へ

 JA全農は、3月28日からSDGs(持続可能名開発目標)をテーマにした新ラジオCMの放送を始めた。

 このラジオCM「Life goes on」篇は、ヒップホップユニット「ICE BAHN」が作詞・作曲を手掛け、SDGsをテーマに、地域農業の重要性や農業の価値を訴え、「誰一人取り残さない」というメッセージをラップで表現している。

 「ICE BAHN」が全農ラジオCMを手掛けるのは今回で3作目。第1弾の「one for all」篇は、社会の中での農業協同組合の存在、第2弾の「巡る恵み」篇では、田んぼの多面的機能を、彼らの世界観で表現している。

 ラジオCM「Life goes on」篇は、TokyoFM/JFN系列の計38局で放送中のラジオ番組「JA全農COUNNTDOWN JAPAN」で3月28日に初めて放送する。また現在、「Life goes on」篇を映像化したテレビCMも制作中。これは完成次第、【全農のホームページ】で公開する。

 
(関連記事)
一般消費者も引きつける JA全農ホームページリニューアル

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る