左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「山形セルリーフェア」5月18日より開催 JA全農2020年5月20日

一覧へ

JA全農は、直営飲食店舗「グリルみのるエスパル仙台店」にて、まもなく旬を迎える「山形セルリーフェア」を令和2年5月18日(月)~5月31日(日)の間、実施する。

山形セルリーと岩手県産チキンのスキレットあんかけご飯山形セルリーと岩手県産チキンのスキレットあんかけご飯

「山形セルリー」※は平成10年をピークに生産量が減少傾向にあったが、「山形セルリー」を後世まで継承発展させるべく、JA山形市・JA全農山形で平成26年に「『山形セルリー』農業みらい基地創生プロジェクト」を立ち上げ、様々な取り組みを展開してきた。平成30年には国の地理的表示(GI)保護制度に登録されるなど、再び活気を取り戻している。

今回のフェアでは、そんな山形の風土と先人たちが築き上げた匠の技の結晶である「山形セルリー」の、瑞々しく爽やかな香りや柔らかな風味が存分に楽しめるメニューを提供する。「グリルみのるエスパル仙台店」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休業していたが、十分な感染拡大防止対策を講じたうえで、5月11日(月)より営業再開している。

 
フェア概要は次のとおり。

1.期間
令和2年5月18日(月)~5月31日(日)

2.実施店舗
〒980-8487 宮城県仙台市青葉区中央1-1-1エスパル仙台 東館3F

3.メニュー
(1)山形セルリーと岩手県産チキンのスキレットあんかけご飯
(2)山形セルリーの浅漬けとピクルスの盛り合わせ
(3)山形セルリーと国産生ハムマリネ レモン風味

※「セルリー」はセロリ(celery)をフランス語訛りで読んだもの。詳しくはApron5月号ふるさと探訪 「山形セルリー」に掲載。
 

【Apron5月号ふるさと探訪 山形セルリー】

山形セルリーの浅漬けとピクルスの盛り合わせ山形セルリーの浅漬けとピクルスの盛り合わせ


山形セルリーと国産生ハムマリネ レモン風味山形セルリーと国産生ハムマリネ レモン風味

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る