Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

肥育農家を独自支援 牛マルキンに追加で助成 JA都城2020年6月4日

一覧へ

全国有数の畜産地帯にある宮崎県のJA都城は、新型コロナウイルスの影響を受ける肉用牛肥育農家の経営を支援するため、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)に上乗せで助成する独自の支援策を始める。

JA都城管内の畜産農家の牛舎JA都城管内の畜産農家の牛舎

支援策では、牛マルキンではまかなえない赤字分の半額を助成する。牛1頭あたり1万円を上限に、4500万円程度を支出する見込み。期間は2020年4月~2021年1月販売分の10か月間。保障の開始時期は保障の対象となる期間の牛マルキン発動に合わせて同じタイミングで助成を行う。

支援事業の対象となるのはJA組合員で肥育牛部会、酪農部会に所属する農家。牛マルキンに登録された牛で、JAを通じて出荷・販売した枝肉で算出する。

牛マルキンは肉用牛の標準的販売価格が標準的生産費を下回った場合、その差額の9割を交付金で補填する制度。今回の支援策では、JAがさらに上乗せして助成することで農家の経営を支援する。

JAの久保順一組合長は「肉用牛は地域の主力品目。農家が安定的で健全な経営を続けていけるよう、JAの総力をあげて支援し、この苦境を乗り切りたい」と話している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る