Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

おいしさに大満足 JA山口県が東京で試食会2020年9月11日

一覧へ

JA山口県は9月11日、フルーツパーラで有名な(株)新宿高野本店で定期的に開催されている試食会の場で、「秋芳梨」と「長門ゆずきち」のおいしさを伝えた。パティシエの料理を口にした参加者らは大満足の様子だった。

山口県産 秋芳梨・長門ゆずきち山口県産 秋芳梨・長門ゆずきち

首都圏での需要喚起を狙ったのが今回の取り組みで、JA山口県と(株)新宿高野が協働して開催。

秋吉台での栽培に始まる「秋芳梨」は二十世紀梨の一種で、青みを帯びた皮の色が特徴。甘味と酸味のバランスに優れ、とりわけ今年は糖度の高さが自慢の逸品だという。

一方の「長門ゆずきち」はスダチでもカボスでもない香酸かんきつ類。長門の国で生まれ、柚子より優れていることが名前の由来。
それら食材を用いてパティシエが作ったのはサラダとパフェの2品で、テーブルに表れた瞬間から参加者たちの笑顔が弾けた。

2つの食材の栽培秘話や産地ならではの楽しみ方を山口県の東京事務所職員が講師として伝えるなど、1時間に満たない開催だったが、満足のいく内容を堪能した様子。

通常であれば、試食するカウンター席は10人掛けで座れるが、新型コロナウイルスへの感染を避けるため、空席をはさみ5人満席の形でこの日は開催した。

【JA山口県】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る