想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「飲んで応援!岡山の日本酒de乾杯キャンペーン」開催 JA全農おかやま2020年10月13日

一覧へ

JA全農おかやまは、岡山県酒造好適米協議会と共催で、10月1日の「日本酒の日」から、インスタグラムを活用した日本酒の消費拡大キャンペーンを展開している。

「飲んで応援!岡山の日本酒de乾杯キャンペーン」開催 JA全農おかやま

新型コロナウイルスの影響で、日本酒の消費量が激減したことを受け、岡山県酒造好適米協議会は、令和2年産酒造好適米の作付面積を約3割削減せざるを得ない状況となっている。

酒米生産者で組織する、同協議会では、県内の酒蔵から日本酒を購入し、プレゼントキャンペーンを展開することでコロナ禍で苦しむ酒蔵を支援する。

キャンペーンにSNSを活用することで、既存の日本酒ファンだけでなく、若い世代にも日本酒の魅力を発信して新たなファンの獲得をめざす。

応募は、同協議会のインスタグラムアカウントをフォロー。条件を満たした画像を投稿すると抽選で200人に岡山県産雄町や山田錦を使った岡山の地酒をプレゼント。はがき応募も可。応募締め切りは11月30日で消印有効。詳細は以下のキャンペーンページへ。

【岡山の日本酒de乾杯キャンペーン】

@okayama_omachist

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る