Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

みのるダイニングで岡山県産「里海米」新米フェア JA全農2020年10月16日

一覧へ

JA全農は10月22日~11月18日、直営飲食店舗「みのるダイニング さんすて岡山店」で「新米!晴れの国うまれ“里海米”フェア」を実施。

「里海米きぬむすめ(令和2年産新米)」「里海米きぬむすめ(令和2年産新米)」

岡山県産里海米(さとうみまい)は、JAグループ岡山が「瀬戸内かきがらアグリ事業」の一環として瀬戸内海産牡蠣の殻を田んぼにまき、牡蠣殻のミネラルで生産したお米。同事業は、"里海"である瀬戸内海で育てられた牡蠣の殻を有効利用する循環環境保全型事業で、主食用米の他にも酒米や養鶏向け飼料への活用を進めている。

里海米の売上の一部は「瀬戸内かきがらアグリ基金」に積み立てられ、里海再生活動を支援する取り組みに活用される。

みのるダイニングで使用する「里海米きぬむすめ」は、食味評価の最高ランク「特A」を取得。粘りが強く「コシヒカリ」にも負けない美味しさで、岡山米の代名詞といわれている品種。今年は長梅雨の影響が心配されたが、里海米は牡蠣殻のミネラルによって元気に育ち、良質で美味しい新米に仕上がっている。

里海米2合分の生産には牡蠣約1個分のかきがらが再利用されており、里海米を食べるだけで里海再生活動に参加できる。

今回のフェアでは、「里海米」の新米を楽しめるほか、2000円以上の食事で毎日先着40人に「里海米きぬむすめ2合パック」をプレゼント。期間中は、みのるダイニングの店頭で「里海米きぬむすめ2kg」(瀬戸内かきがらアグリ基金対象商品)も販売する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る