想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

小島よしおが田んぼの生きもの調査「特別授業」YouTubeで配信 JA全農2020年11月20日

一覧へ

JA全農は11月19日、YouTubeで「特別授業 田んぼの生きもの調査 秋編」の放送を始めた。小学生向けの特別授業「おっぱっぴー小学校」で人気の小島よしおが、田んぼにいる生きものを捕まえたり観察したりしながら田んぼの魅力を紹介。小学生を対象に全国で毎年行ってきた「田んぼの生きもの調査」が今年はコロナ禍で開けなくなったため、特別番組として配信している。

田んぼの生きもの調査を体験した小島(写真左)田んぼの生きもの調査を体験した小島(写真左)

番組では、小島が田んぼに入って田んぼにいる生きものを探し、どんな生きものが捕れたか観察。カエルやバッタ、トンボなどの生きものを捕まえ、捕まえた生きものを観察する場面では、カエルがピョンピョンと逃げ出しそうになって苦戦する場面もあった。また、生きもの調査だけではなく、稲刈りにも挑戦。鎌を使って稲を刈った後は、コンバインの操縦も体験した。最後は生きもの調査を実施した田んぼで育った米で作った「おむすび」を試食し、「味付けをしなくてもこんなに美味しいんだ!」と驚く場面もあった。

JA全農は、農業と環境の深い関りや生物多様性保全の大切さを実感する活動として、毎年、全国で「田んぼの生きもの調査」を実施しているが、今年は新型コロナウィルスの影響で、多くの地域で開催を断念。そこで、子どもから人気の「おっぱっぴー小学校」の特別授業として田んぼの生きもの調査を放送している。

捕まえたカエルを真剣に観察する小島捕まえたカエルを真剣に観察する小島

(動画)
「特別授業 田んぼの生きもの調査 秋編」

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る