想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「蔵王チーズ」フェアを飲食店舗で開催 JA全農2020年12月2日

一覧へ

JA全農は仙台、東京都内の全農グループ飲食店舗で、(一財)蔵王酪農センターとのコラボレーション企画「蔵王チーズ」フェアを12月1日~15日まで実施している。

フェアで提供する3メニューフェアで提供する3メニュー

蔵王チーズは、蔵王山麓の広大な自然の中で育った乳牛の搾りたての生乳を原料に、クリームチーズをはじめとしたフレッシュチーズのほか、ゴーダチーズやチェダーチーズなどの熟成チーズ、チーズホエイを利用したホエイドリンク(MOLKドリンク)など様々な商品を製造している。

今回のフェアは、仙台の「グリルみのる エスパル仙台店」「みのりカフェ エスパル仙台店」、東京・大手町の「ラ・カンパーニュ」の3店舗で開催。熟練のチーズ職人たちが丹精込めて作った上質なチーズやホエイドリンクなどを使用したオリジナルメニューを提供する。

旬の国産食材を活かした本格フレンチが楽しめる「ラ・カンパーニュ」(東京・大手町)では、ホワイトチェダーとペッパーゴーダ、スモークゴータの3種類を一皿で堪能できる「蔵王チーズ盛り合わせ」(税別850円)をはじめ、しっかりとした口当たりのフレッシュモッツァレラとJA全農オリジナル品種のミニトマト・アンジェレトマトを組み合わせた「フレッシュモッツァレラとアンジェレトマトのカプレーゼ」(同800円)、シュレッドチーズを贅沢に使った「季節野菜のチーズ焼き」(同1200円)の3つのメニューを提供している。

「ラ・カンパーニュ」の北岡飛鳥シェフは蔵王チーズを使ったメニューについて、「日本人の味覚に合わせた食べやすいチーズに仕上がっているので、シンプルでチーズの風味を活かしたメニューを揃えた。今回のフェアをきっかけに国産チーズの魅力を多くの方に知ってもらいたい」と話した。

同店舗ではディナー限定で「蔵王チーズ」フェアの3品を提供。営業時間は時短営業を実施しているため、ディナーは17:30~22:00(21:00ラストオーダー)としている。


「ラ・カンパーニュ」の北岡シェフ「ラ・カンパーニュ」の北岡シェフ

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る