Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA高知県など産学官連携でデータ駆動型農業推進 高知県2021年1月27日

一覧へ

高知県は1月20日、農業経営プラットフォームの核となるデータ連係基盤「IoP(Internet of Plantss)クラウド」(愛称:サワチ)が始動したと発表した。

「IoPクラウド」を核とした農業の実現「IoPクラウド」を核とした農業の実現

「IoPクラウド」は、IoTで接続した農業ハウス内の機器データや、高知県全体の農作物の出荷に関するデータなどをリアルタイムで一元的に集約するクラウド型データベースシステム。農業ハウス内の温度や湿度、二酸化炭素濃度、カメラで撮影した映像、機器の稼働状況などのデータや、JA高知県からの出荷量データがリアルタイムでアップロードされ、データベースに集約。キュウリ、ナス、ピーマン、などの生育情報をAIを活用し見える化するもの。

高知県では、2018年からデジタル技術を活用した農業のためのプラットフォームの構築を目指し、JA高知県や県内の各大学、農研機構、東京大学大学院、NTTドコモなど産学官連携のもと、「もっと楽しく、もっと楽に、もっと儲かる」農業の実現を目指している。

「IoPクラウド」は、生産者が直接その機能を利用するだけでなく、(1)高知県やJA高知県によるデータ分析に基づいた詳細で即時性の高い栽培指導(2)大学等研究機関による植物体の生理に基づいた生育予測などの分析と実装(3)民間企業の農業用機器やソフト開発を行い、多方面から生産者を支援していくとしている。生産者がクラウド機能を活用するのは無料。

高知県は2022年からの本格運用を目指しており、最終的には県内ほぼ全てにあたる約6000戸のデータの連携を図る考えだ。まずはデータの収集に協力している約200戸の生産者から利用をスタートし、3月末から新規利用者の申し込みを開始する予定。将来的には「IoPクラウド」を活用したデータ収集やノウハウ、システム基盤を他県や他の一次産業にも広く展開し、新しい農業の確立を目指す。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る