左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

生産量日本一の山形県産「啓翁桜」海外へPR 紹介動画を公開 JA全農山形2021年2月5日

一覧へ

JA全農山形は、山形県産「啓翁桜」の海外へ向けて紹介する動画を公開。各JAや豊明花き(株)、山形県国際経済振興機構など各関係先と協力し、生産量日本一の山形県産「啓翁桜」をPRする。

生産量日本一を誇る山形県産の啓翁桜生産量日本一を誇る山形県産の啓翁桜

海外輸出が最盛期を迎えた啓翁桜は、1月12日にロシア向けから出荷が始まり、3月末までシンガポール、ロシア(モスクワ)、香港、マカオ、中国(広州)、インドネシア、フィリピンの7つの地域へ、計8000本の出荷を予定している。同JAでは例年行われている海外でのPRイベントなどが新型コロナウイルスの影響で実施できなくなり、今年は英語と広東語の字幕を付けた「啓翁桜」を紹介する動画を製作した。

啓翁桜は、2月12日から始まる中華圏の旧正月「春節」が最大の需要期間。2月3日にはJAさがえ西村山の啓翁桜促成室(西川町)で、インドネシア、香港、マカオ、広州の4つの地域に送る60センチから150センチの啓翁桜、計3000本の出荷作業が行われた。出荷された啓翁桜はチャーター便で愛知豊明花き市場へ運ばれ、成田国際空港で各輸出先へ届けられた。

JA全農山形は2014年から「啓翁桜」の海外輸出を開始。冬に咲く桜として海外でも知名度が高い啓翁桜は、品質の高さで評価されており、輸出先では、高級ホテルのロビーやカフェ・レストランなどの飲食店で飾られている。

JAさがえ西村山の啓翁桜促成室で行われた出荷作業の様子JAさがえ西村山の啓翁桜促成室で行われた出荷作業の様子

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る