Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カンタスドライフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

卓球「WTT中東シリーズ」日本代表選手を「ニッポンの食」で応援 JA全農2021年3月8日

一覧へ

カタールのドーハで開かれている卓球の「WTT中東シリーズ」は3月8日、本戦がスタート。JA全農は、所属の石川佳純選手ら出場中の卓球日本代表選手15人を「ニッポンの食」で応援している。

「ニッポンの食」を手にする(左から)平野美宇選手、石川佳純選手、張本智和選手「ニッポンの食」を手にする(左から)平野美宇選手、石川佳純選手、張本智和選手

全農は2019年度から、海外ネットワークを活用して現地での食事サポートを本格的に開始。現地レストランと協力し、輸出した日本産の精米や和牛を使った和食を提供したり、おむすびを提供するなど、海外でも選手が普段通りのパフォーマンスを発揮できるよう、「ニッポンの食」を通じて応援している。

今年は新型コロナウイルスの影響で現地でのサポートが困難であるため、国内で合宿中の出場選手にマジックライスやパックご飯、ご飯のお供のなめ茸やふりかけなどを出国前に渡した。新型コロナウイルス対策として入国後に隔離期間も設けられ、長期間の遠征となるため、日頃食べ慣れた「ニッポンの食」を贈った。

また、Twitterアカウント「全農広報部 スポーツ応援」で、スポーツに関わる情報や、全農が「食」を通じてアスリートをサポートする取り組みなどを発信。現在、今大会の開催を記念し、選手に提供した食材の一つ"ニッポンエール"の商品セットが抽選で5人に当たるプレゼントキャンペーンを14日まで実施している。

提供した「ニッポンの食」提供した「ニッポンの食」

<提供食材一覧>
・国産米使用ごはん、新潟県産コシヒカリ使用白がゆ(全農ブランド(全国農協食品))
・マジックライス(白ごはん・五目ごはん)、石見銀山和牛しぐれ (ふりかけ)、フリーズドライ味噌汁・スープ類(JAタウン等)
・しおふき昆布、信州なめ茸(JAくらしの宅配便)
・"ニッポンエール"国産紅はるかの干し芋、"ニッポンエール"ドライフルーツ、愛媛県産みかん・ゆず・じゃば柑、和歌山県産南高梅・はっさく・清見オレンジ(全国農協食品)

【Twitterアカウント「全農広報部 スポーツ応援」】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る