第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

Z-GISウェビナーinあぐラボ 第2回オンラインセミナー開催 JA全農2021年3月23日

一覧へ

JA全農スマート農業推進室は3月12日、「第2回Z-GISウェビナー 農繁期直前ビギナー講座」を開催。東京・AgVentureLabから主催者と参加者が、双方向オンラインで意見交換できる参加型のZoomと視聴型のYouTubeで配信され、計120人の参加申し込みがあった。

開会あいさつをするJA全農スマート農業推進室の平野室長開会あいさつをするJA全農スマート農業推進室の平野室長

今回の講座は昨年12月に開催した初のオンラインセミナーに続き2回目。前回のセミナーには約150人が参加し、アンケートの結果も好評だったことから、さらなるサポートの充実を図るため、Z-GISを始めたばかりのユーザー向け講座の開催となった。

冒頭、平野幸教スマート農業推進室長は「今回はZ-GISの初心者の方に初歩的なところから丁寧に説明していきたい。分からないところがあればYouTubeで見返して参考にしてほしい」と述べた。

セミナーの内容は下記のとおり。

Z-GISの基本操作紹介

JA全農スマート農業推進室からZ-GISの基本操作と多彩な機能を紹介。

Z-GISの基本操作(ステップ1)を説明するJA全農スマート農業推進室の渡邊氏Z-GISの基本操作(ステップ1)を説明するJA全農スマート農業推進室の渡邊氏

◆Z-GISの使い方 ステップ1

Z-GISのダウンロード方法からポリゴン作成、基礎的な操作動画を画面で共有しながら説明。ワークシート例では「水稲生産履歴シート」「作付面積調整シート」「防除履歴用シート(ネギ)」「肥料成分投入量計算シート」の入力方法を紹介した。

Z-GISの使い方(ステップ2)説明を行う大武調査役Z-GISの使い方(ステップ2)説明を行う大武調査役

◆Z-GISの使い方 ステップ2

Z-GISの機能、アプリの使い方として、24時間の天気予報が分かる1kmメッシュの気象情報の確認方法や利用方法を説明。また、ユーザーからの質問が多く寄せられるスマートフォンからクラウドへの接続方法を解説。続いて色分け・ラベル表示、Z-GISデータの印刷・拡大コピーの手順を説明した。

質疑応答ではユーザーから様々な質問が寄せられた。今回のセミナーを含め、不明な点や質問に関しては、スマート農業推進室、農協協会Z-GIS管理部で受付けている。

最後にスマート農業推進室が取り組むスマート農業関連の最新情報として、3月31日まで開催しているZ-GIS入会キャンペーンを紹介。また、4月から新たにサービスを開始するAI栽培管理支援システム「ザルビオフィールドマネージャー」の概要を説明し、同セミナーは盛況のうちに幕を閉じた。

スマート農業関連の最新情報を同推進室の小宮山室長代理が説明スマート農業関連の最新情報を同推進室の小宮山室長代理が説明

【第2回Z-GISウェビナーInあぐラボ】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る