Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米1俵が当たる「ごはん応援キャンペーン」を実施 JA全中2021年3月24日

一覧へ

JAグループは長期化するコロナ禍の外出自粛で自宅で食事をとる回数が増えるなか、朝・昼・夕問わずおいしいお米を食べる機会を増やしてほしいとの思いから「ごはん応援キャンペーン ~食べようごはん!届けごはん!~」を3月24日~5月10日まで実施する。

おうちごはんを応援おうちごはんを応援

同キャンペーンでは、日付が写ったお米を含むおうちごはんの写真とそのエピソードを特設HPに投稿し応募すると、抽選で銘柄米1年分(A賞:1俵60kg相当のお米の現物)を88名、銘柄米5kg(B賞:5kg相当のお米券) が888名に当たる。

さらにSNS(Facebook、Instagram、Twitter、LINE)で「#ごはん応援キャンペーン」のハッシュタグを付けて、写真とエピソードを同時に投稿した人は当選確率を2倍とする。

消費者向けキャンペーンと同時に、認定NPO法人セカンドハーベスト・ジャパンとNPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえと連携し、福祉施設や子ども食堂に米200俵(12t)を寄贈。それぞれ100俵(6t)ずつを提供し、コロナ禍の影響を受けている施設などを支援する。また、キャンペーンに応募した人の中から賛同・応援メッセージを募集し、お米の寄贈先に届ける。

【キャンペーン特設サイト】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る