Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA三井リース中央(1)PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

ドローンの水稲栽培実証動画を公開 JA全農にいがた2021年6月7日

一覧へ

JA全農にいがたは、スマート農業技術推進実証として、ドローンによる水稲栽培一貫体系の実証試験に取り組んでいる。このほど、「ドローンによる作業動画」を、JA全農にいがた公式YouTubeチャンネルで配信した。

スマート農業「ドローンによる作業動画」スマート農業「ドローンによる作業動画」

今回、実証試験を実施した機種と動画概要は次のとおり。

▽XAG社 全自動機種P30
直播栽培の播種作業
(1)カルパーコーティング湛水直播の播種作業をおこなった。10アール当たり9分程度で播種でき、既存の播種機に比べ作業時間が2割短縮できた。
(2)除草散布作業
10a当たり2分程度で散布でき、既存の動力散布機と比べ作業時間はほぼ同じだったが、散布機を背負わないことから、軽労化を実現できる。(3)穂肥施肥作業
10a当たり4分程度で散布でき、動力散布機と比べ作業時間は3割程度削減でき、かつ散布機を背負わないことから、軽労化を実現できる。

▽DJI社 MG-1
(1)除草散布作業
10a当たり2分程度で散布でき、動力散布機と比べ作業時間はほぼ同じだったが、散布機を背負わないことから、軽労化を実現できる。
(2)穂肥施肥作業
10a当たり3分程度で散布でき、既存の播種機に比べ4割程度作業時間が短縮でき、かつ散布機を背負わないことから、軽労化を実現できる。

【JA全農にいがた公式YouTubeチャンネル】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る