Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業用ドローンなど最新農機を展示 JA全農とやま2021年7月9日

一覧へ

富山県JAグループは7月10日、11日の2日間、富山市のテクノホールで第38回農業機械総合大展示会「農機フェア2021」を開催する。

「農機フェア2021」「農機フェア2021」

今回は「スマート農業、農作業の効率化・省力化」をテーマに、国内約30社のメーカーが集い、担い手経営体向けの大型機械から個人農家向けの小型機械まで約1000点を展示する。

昨年末に発売を開始した「生産者・JAなど全国1万人の声を反映した共同購入トラクター第二弾」や、最新農業用ドローンをはじめとしたスマート農業関連機械の展示・提案も行う。

営農コーナーでは、高品質な米・大豆生産のポイントをはじめ、低コスト資材・省力化技術の提案、富山県内における園芸振興の取り組みなどを紹介する。

また、来場者全員に記念品を進呈。さらに、展示会当日に機械製品を購入した人には、県内農業高校の生徒が育てた花のポット苗を進呈する。

〈フェア概要〉
○日時 7月10日~11日 9:00~16:00
○場所 富山産業展示館 テクノホール(富山市友杉1682)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る