Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

牛乳乳製品の魅力発信「酪農の輪 プロジェクト」第3弾 JA全農2021年7月16日

一覧へ

JA全農は、協同乳業と夏に向けて酪農家が自作したPOPを牛乳売り場に掲示し、牛乳・乳製品の魅力を発信する「酪農の輪 プロジェクト」第3弾を開始する。

長﨑さん考案のPOP長﨑さん考案のPOP

「酪農の輪 プロジェクト」は、JA全農と協同乳業が協力し、牛乳の消費拡大と生産基盤の安定に資することを目指し、消費者・流通と酪農家との相互理解の促進や牛乳乳製品の魅力を発信する取り組み。

プロジェクトで酪農家が作成するPOPは、「酪農家のつぶやき」シリーズとして、酪農家の想いや酪農の豆知識について発信。このPOPを農協牛乳の販売スペースに展示することで、消費者に酪農の現場をより身近に感じてもらい、国産の牛乳・乳製品への愛着を深めてもらうことが狙い。昨年12月と今年3月に続く第3弾となる。

第3弾は千葉県加茂牧場の長﨑清子さんが考案したPOPを掲示。長﨑さんは夏について「牛も酪農家も、一番踏ん張っている季節」と話し、夏の暑さが苦手な牛たちが、少しでも快適に過ごせるようサポートしている。
今回のPOPは「夏」と「牛乳」をキーワードに、「暑中お見舞い/残暑お見舞い モーウシあげます」という内容で、消費者に暑い夏に負けない元気を届ける。

近年、日本の夏は35℃を超える猛暑が珍しくなく、Jミルクの報告では「運動」+「牛乳」の組み合わせが、熱中症予防に効果的であることが報告されている。

JA全農では、このプロジェクトで季節感とともに、生産者の想いを牛乳売り場に届けることで、消費者の飲用促進を図っていく考えだ。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る