Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

徳島県、トリドールHDなど4者と包括連携協定を締結 JA全農とくしま2021年7月26日

一覧へ

JA全農とくしまは7月20日、本格讃岐釜揚げうどん「丸亀製麺」などを展開するトリドールホールディングス(東京都渋谷区)と、徳島県、とくしまブランド推進機構と包括連携協定を締結した。

徳島県庁で20日に行われた包括連携協定の締結式で徳島県庁で20日に行われた包括連携協定の締結式で

包括連携協定は、4者が相互の資源を有効に活用し、協業・連携を図ることで、農畜水産物を中心とした地域資源の振興と「とくしまブランド」の付加価値化の推進し、持続可能な地域社会をつくることを目的としている。

徳島県庁で20日に行われた締結式には、飯泉嘉門県知事、とくしまブランド推進機構の中西庄次郎代表、JA全農とくしまの長江郁哉県本部長の3者と、リモートでトリドールホールディングスの粟田貴也社長が参加した。JA全農とくしまの長江県本部長は「徳島すだちもうどんのわき役としての地位を確立できた。徳島県にはシイタケ、なると金時、レンコンなどたくさんの美味しい食材がある。引き続きご利用いただきたい」と話した。

協業事業については、(1)徳島県産品の販路拡大・販売促進、(2)地産地消・食育の推進、(3)地域に密着した情報発信、(4)福祉の充実・健康増進、(5)災害時における応急対策、(6)子ども・青少年の健全育成、(7)環境首都とくしまの実現、(8)その他地域活性化に関することの8項目について連携する。

今後、JA全農とくしまは、徳島県産農産物のさらなる認知度向上と販路拡大に向けて、企業、団体と連携した取り組みを進める。また、トリドールホールディングスは、徳島県を代表する特産品「すだち」を使ったメニューの開発・展開を強化するとともに、子ども向けうどん教室を通じた食育活動、災害時における支援物資等の供給など、様々な取り組みを検討する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る